top of page

人気のあるマダガスカルの自動車ルート

マダガスカルのロードトリップは、純粋な美しさとユニークな自然現象の世界を開きます。ここでは、熱帯雨林、乾燥した半砂漠、急峻な山脈、手つかずのビーチがあなたを待っています。野生動物の多様性と地元の人々の温かさが、あなたの旅のそれぞれのキロメートルを発見と一生の思い出で満たしてくれることでしょう。

gfch.png

RN7 国道

RN7はマダガスカルで最も有名な道路で、首都アンタナナリボから沿岸の町トリアラまで930キロにわたります。ここでは棚田を見ることができ、木彫りで有名なアンボシトラの町を訪れ、レムールが生息するラノマファナ国立公園の森を探検することができます。特に注目すべきは、モロンダヴァ近くの「バオバブの並木道」で、古代の木々が夕日に独特の雰囲気を醸し出しています。

kkk.png

東部の雨林ルート

首都アンタナナリボから沿岸の港であるセントメアリーズアイランドまで伸びるルート。このルートを走ると、滝や魅力的な沿岸の村、そしてフィナーレとして、シンジャオミツジとして知られる平和なセントメアリーズアイランドを見ることができます。

ej.png

RN34およびRN35 国道

これらのルートは、モロンダヴァとベロシュルシリビヒナを結ぶ約200キロの長さです。途中で古代の木々が点在する「バオバブの並木道」に出会います。乾季には2WD車が使用できますが、特にツィンジィ・ドゥ・ベマラハ国立公園(ユネスコのサイト)への移動には4WDが推奨されます。

пп.png

RN6 国道

RN6道は、様々な景観と国立公園を経由してアンタナナリボとアンツィラナナを結んでいます。約700キロの長さです。首都から北へ向かうアンカラナ保護区が目立ちます。

マダガスカルのロードトリップを計画する際には、これらのルートの現在の状況を確認することが重要です。特に雨期には、いくつかのルートが難しくなる場合があり、4WD車と経験豊富な現地ガイドが必要になる場合があります。

ггг.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

bottom of page