top of page

ラオスの人気のある自動車ルート

ラオスで訪れる興味深い場所:

ルアンパバーン:仏教寺院と植民地時代の建築で知られるユネスコ世界遺産都市。

gfch.png

ビエンチャン:グレート・スターパ(パータットルアン)などの象徴的な記念碑があるラオスの首都。

ビエンチャンの道路システムは、ラオスのほとんどの都市と同様に、中心部や商業地域では舗装された道路がありますが、郊外や農村地域では整備されていない道路もあります。ラオスの首都は、地元の人々や観光客の交通を改善し、交通渋滞を緩和するためにインフラの建設とアップグレードを積極的に行っています。ただし、外部地域の道路は狭く、舗装が不十分で、時々舗装の隆起や凹凸があります。また、ラオスでは主にスクーターやバイクが主要な交通手段として使用されているため、交通量が活発であるため、注意が必要です。

kkk.png

ワット・プー:これはラオスの有名な寺院複合施設で、チャンパサック州のパクセ近くに位置しています。ワット・プーへの道路上で、ラオスの一般的な交通規則が適用されます:

右側通行:運転手は道路の右側を保持する必要があります。
速度制限:町や都市では、速度は通常30〜40 km/h、開放的な道路では60〜80 km/hに制限されます。
書類:運転手は運転免許証、外国人の場合は国際運転免許証、および車両書類を携帯する必要があります。
車両の技術的状態:車両はライト、ブレーキ、およびミラーが動作している良好な状態である必要があります。
ライト:夜間はヘッドライトを点灯することが義務付けられています。
アルコール:血中アルコール濃度は法定限界を超えてはなりません。

ワット・プーへの道路は遠隔地を通過し、地形が山岳地帯である可能性があるため、特別な注意を払い、速度制限を守り、急なカーブに備えることをお勧めします。また、雨期には道路が滑りやすく、航行が難しい場合があるため、そのことを心に留めておくことも重要です。

ej.png

コングロール洞窟:世界最大の洞窟の1つで、船でアクセスできます。

пп.png

ボロベン高原:コーヒー農園や滝で知られる地域。

ггг.png

4000島(シーパンドン):滝や珍しい淡水イルカを見るチャンスがあるユニークな川の群島。

пппр.png

ラオスに関する興味深い事実:
ラオスは東南アジアで唯一の内陸国です。
ラオスのほとんどの人口はテーラワーダ仏教の伝統に属しています。
ラオスはフランス植民地インドシナの一部であり、1953年に独立しました。
ラオスは現在も残る共産主義国の数少ない一つです。

ラオスの交通規則:
ラオスでは右側通行が一般的です。
道路状況は予測不能であり、特に農村地域では多くの道路が修理が必要です。
運転手は国際運転免許証またはラオスの運転免許証を持っている必要があります。
多くのオートバイや歩行者が突然道路に入る可能性があるため、常に注意することが重要です。
夜間の運転は、適切な道路照明がないため危

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

bottom of page