top of page

人気のあるドライブルート:パプアニューギニア

パプアニューギニアは、オセアニアの国で、ニューギニア島の東部とその周辺の島々を占めています。この国は、800以上の言語を持つ地球上で最も文化的に多様な場所の1つです。パプアニューギニアは、部族の伝統、花の祭り、密林、そして独特の動植物相で知られています。

gfch.png

パプアニューギニアは、挑戦的な道路と少ない道路で知られており、道路旅行が制限される場合があります。それにもかかわらず、車で訪れる興味深い目的地がいくつかあります:

ハイランズ・ハイウェイ:これは国の中央高地を通る主要道路です。素晴らしい山々の景色を見ることができ、丘の部族の伝統文化を体験することができます。

kkk.png

クイーンズコースト・ハイウェイ:沿岸を走ることで、熱帯のビーチの美しさを鑑賞し、伝統的な村を見ることができるかもしれません。

ej.png

レー‐メンディ:レーから南に向かうと、南部山地の中心都市であるメンディに到達します。ここでは地元の伝統や文化を探求することができます。

пп.png

ココダ・トラック:これは主に徒歩でのルートですが、その始点は車でアクセスできます。この場所は第二次世界大戦中の歴史と美しい風景で知られています。

ггг.png

ポートモレスビーとその周辺地域:首都周辺およびその周辺にはいくつかのアクセス可能な道路があり、地元の公園やビーチを見るための短い旅行に利用できます。

пппр.png

パプアニューギニアの多くの道路は舗装されておらず、悪天候下では通行不能になる可能性があります。旅行は乾期に計画するのが最適であり、常に予期せぬ事態に備える必要があります。地元の状況に精通した現地のガイドやツアーカンパニーのサービスを利用することをお勧めします。

пппр.png

PNGの道路は、都市部以外では運転者にとって難しいものになる場合があります。ほとんどの道路は舗装されておらず、特に雨期には泥や滑りやすくなります。国には舗装されていない橋や川が多く、渡るためには渡し船や浅瀬を通過する必要があります。

道路規則に関して、パプアニューギニアはオーストラリアと同様に左側通行です。運転免許証を携帯することが求められ、必要に応じて国際運転免許証を持つことをお勧めします。速度制限や交通規則が常に明確に表示されているわけではないため、追加の注意が必要です。

また、PNGでの道路旅行は慎重な計画と準備を必要とします。燃料、水、食料品、予備部品、通信機器などの十分な供給が必要であり、多くの地域で携帯電話サービスがないため、予期せぬ変化に備える必要があります。運転者は夜間の移動を避け、常に予期せぬ天候や道路状況の変化に備えてください。

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

bottom of page