top of page

ラトビアの人気ドライブルート

ラトビア バルト海の中心に位置するラトビアは、息をのむような風景を通るモザイクのような道。道路は地図上の地点を結ぶだけでなく、過去と現在、自然と文化の物語が交錯する場所でもある。冒険好きなドライバーにとって、ラトビアの高速道路は車輪の下のアスファルトだけでなく、国の中心部への穏やかな旅でもある。

ガウヤ国立公園を旅する:自然に抱かれる

まずは、ガウヤ国立公園を囲む曲がりくねった道から。道そのものがまるで生きているかのようで、ラトビアの壮大な自然の中心へと誘います。ガウヤ川は、青々とした森のタペストリーの中で銀色の糸を引くように流れています。トゥライダやシグルダといった中世の城が木々の間に現れ、その石造りのファサードが過ぎ去りし時を囁いています。秋の紅葉は燃えるようなキャンバスで、世界を赤や金色に染め上げ、心を魅了します。

gfch.png

海岸クライミング:リガからコルカ岬へ

バルト海のそよ風に吹かれながら、エレガントなアールヌーボーのリガからコルカ岬の穏やかな海岸へ向かいましょう。海岸沿いの道は、水平線が果てしなく広がり、海辺のメロディーが心地よいサウンドトラックを奏でる、シンプルさへの賛辞です。リガ湾とバルト海の間に位置するコルカ岬では、2つの世界の波が穏やかにぶつかり合う。瞑想の場であり、海の広がりが孤独の威厳を思い起こさせます。

文化の道:リガ - ルンデール宮殿

リガから南下する旅は、まるで歴史書の1ページのように展開し、バロック様式の壮麗なルンダーレ宮殿へと続きます。野原と森に彩られたルンダーレへの道は、あなたを待っている贅沢への序曲です。有名な建築家ラストレッリによって設計されたこの宮殿は、ラトビアの貴族の過去の証であり、その庭園は精巧な幾何学模様の驚異です。どの部屋も、どの廊下も、どの庭の小道も、かつてこの地に栄えた豪華さと芸術を物語っています。

kkk.png

ダウガヴァ渓谷を越えて:ラトビアの川沿いの道

ラトビアの生命線であるダウガヴァ川沿いを旅すると、オデッセイとも観光旅行とも言えるルートが見えてきます。ドヴィエテ(Dviete)やダウガフピルス(Daugavpils)といった歴史的な町や岩、森、それぞれの町が独自のリズムを刻み、ラトビア協奏曲の旋律を奏でます。

ヴェンツピルスへの旅:好奇心の道

西へ向かえば、道は遊び心に満ちたカーブを描き、海洋遺産と花のファンタジーが出会うヴェンツピルスの街へと向かいます。ラトビアのモダンな精神と海洋の伝統の融合に驚嘆しながら、精神的にぶらぶらすることができる簡単なルートです。ヴェンツピルスには、インタラクティブな博物館、美しく保存された旧市街、花咲く創造的な庭園があり、好奇心を満たしてくれます。

ej.png

ラトビアでは、車の旅はすべて、この国の魂との親密な交流となります。この国の道路は決して壮大ではなく、穏やかで内省的な旅を提供してくれます。森の静かな美しさ、河川の反射的な深み、海の穏やかなストイックさに直面します。ラトビアでのドライブは単なる通過ではなく、さまざまな物語を経験することであり、控えめな魅力に満ちた土地の織物に糸を通す機会なのです。

пп.png

ггг.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

пппр.png

bottom of page